吃音を克服した芸能人 どうやって治した?

吃音を克服した芸能人 どうやって治した?

大人になっても吃音に悩んでいる人は100人に1人いると言われ、芸能界にも数多く存在します。

すでに治っている人もいますが、中には吃音を抱えたまま活動をしている芸能人もいます。

小倉智昭(アナウンサー)

幼少のときに吃音を発症し、今でも日常生活ではどもることがある。アナウンサーとしてテレビに出るときはどもらないが、自ら「吃音アナウンサー」と自虐ネタにしている。

吃音を克服するためにあえてアナウンサーという仕事を選び、自信をつけることで吃音を克服していった。

イモトアヤコ(お笑いタレント)

テレビで見ることも多く、どもっていることが分かる。

本人は自覚していない模様。吃音を気にしないこと、明るくふるまうことの大切さを教えてくれる存在である。

スキャットマン・ジョン(ミュージシャン)

ジャズピアニストとして活動していたときは吃音を隠し続け、人と関わることを避けていた。その後吃音であることを公表し、吃音を活かした楽曲「Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)」で世界的大ヒットを記録した。

吃音者を支援するために「スキャットマン基金」を設立し、亡くなるまで支援活動に尽力した。

田中角栄(元総理大臣)

子どものころに吃音を発症したが歌うときはどもらないことに気づき、浪曲(浪花節)を歌いまくっていた。

小学生のときに吃音が原因で辛い経験をしたため、絶対に克服するという強い気持ちをもっていたらしい。

ブルース・ウィリス(ハリウッド俳優)

子どものころに吃音を発症し、人前で朗読をすることもできなかった。

高校時代に演劇部に入部し、ステージ上で自分を表現することで自然と吃音が消滅していった。

桂文福(落語家)

小学生のころに吃音が原因でからかわれていた経験がある。現在もどもることはあるが、吃音を活かした独自の落語で人気を得ている。

南明奈(タレント)

明るいイメージがあるが、子供の時は吃音を発症していた。症状が軽かったため、成長するにつれ自然消滅していった。

子どものときに吃音を発症しても、大人になって5人に4人は自然消滅すると言われている。

マリリン・モンロー(女優)

幼少時代のほとんどを孤児院で過ごし、その辛い経験がきっかけで吃音を発症する。

女優として活動していくうちに吃音は消滅していった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です